Global Innovation Design
Tokyo  London  New York
Symposium & Workshop 2012

GID Symposium 2012

日時 : 2012年11月21日(水)
14:00~17:00(13:30開場)
会場 : 六本木ヒルズ森タワー49階
オーディトリアム (アクセス)
言語 : 英語、日本語(日英同時通訳付き)
参加費 : 無料

GID Symposium on Ustream

日時 : 2012年11月21日(水)14:00~17:00
生音声チャンネル : http://ustre.am/QYUQ
日本語チャンネル : http://ustre.am/QLtI
英語チャンネル : http://ustre.am/QLu8

GID Workshop 2012

日時 : 2012年11月23日(金・祝)10:00~17:00(9:30開場)
会場 : 慶應義塾大学日吉キャンパス
協生館3階S02教室 (アクセス)
参加形態 : ワークショップ参加または見学
言語 : 英語(同時通訳なし)
参加費 : 無料

Information

はじめに

世界的なイノベーションデザインのための教育・ビジネスの拠点形成を目標として、Global Innovation Design Symposium 2012を11月21日に六本木ヒルズアカデミーにおいて開催します。本シンポジウムでは”イノベーションデザインが切り開く未来の教育およびビジネスについて”というテーマで、取り組みに関わる各大学からSteve Diskin (Pratt Institute 教授)、Miles Pennington (Royal College of Art 教授) 、Peter Childs (Imperial College London 教授)、稲蔭正彦 (KMD教授)らが参加し議論します。

また、同月23日には本シンポジウムと関連したGlobal Innovation Design Workshop 2012@KMD(日吉)を開催し、各教育拠点の教授が一同に会し、各大学が提供する独自のデザイン教育プログラムのエッセンスが詰まった、イノベーションデザインのためのデザインワークショップを実施します。

シンポジウム概要

セッション:イノベーションデザインが切り開く未来の教育およびビジネスについて
 - Steve Diskin Pratt Institute
 - Miles Pennington Royal College of Art
 - Peter Childs Imperial College London
 - 稲蔭正彦 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
 - 奥出直人 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
 - 他

※諸事情により、プログラム内容、講演者が変更になる場合があります

参加お申込み

シンポジウム・ワークショップともに、参加申請フォームよりお申し込みください。

※ワークショップの募集は締め切りました。シンポジウムにはまだ若干の残席がありますので追加の募集を行います。追加募集の抽選結果は11月11日以降に事務局よりお知らせいたします。

参加申請締め切り:終了です。多数のご応募ありがとうございました。

シンポジウムならびにワークショップともに、定員を上回る応募があった場合、抽選をさせていただきます。予めご了承ください。結果は11月7日以降に事務局よりお知らせいたします。また、ワークショップの見学につきましては抽選がございませんので、上記フォームご登録の上、11月23日のワークショップ実施時間中に会場まで直接お越しください。

About GID

Global Innovation Design Programの取り組み

Global Innovation Design Program (GIDプログラム)は、①米国ニューヨーク・ブルックリンを拠点とする米国屈指のデザインスクールPratt InstituteのGraduate Industrial Designコース、②ジェームス・ダイソン等の著名なデザイナーを輩出した英国ロンドンを拠点とするRoyal College of ArtとImperial College Londonが合同で提供するInnovation Design Engineeringコース、③そして慶應義塾大学日吉キャンパスを拠点にデジタルメディア・技術を駆使する「メディア・イノベーター」創出を担う慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の、4大学(3教育拠点プログラム)が共同で取り組む、世界水準の人材育成プログラムです。

現在、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科が提携3大学と共同で開発構想中で、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」にも採択されています。

国際的なイノベーションデザインの拠点を目指して

GIDプログラムは、世界的に類のないイノベーションデザインのための最高峰の教育体制の実現を目指しています。プログラムに参加する当研究科の学生は、各教育拠点に半期ごと滞在するプログラムの中で、国際的な人的ネットワークを構築し、各大学の提供する独自のデザイン教育を横断的に学びながら、実践的なプロジェクトを遂行します。

また、GIDプログラムは、北米・欧州・アジアという世界的な経済圏を横断する、デザイン分野の産学連携ネットワークの構築を計画しています。イノベーションを核とするデザインビジネス支援や、知識交換のためのネットワーク形成を目指すパートナーネットワークの設立を準備しており、国際的なイノベーションデザインの拠点になることを目指しています。

GIDプログラムネットワーク

Pratt Institute: Graduate Industrial Design
Royal College of Art / Imperial College London: Innovation Design Engineering
Keio University: Graduate School of Media Design

Keynote speaker

デイル・ラッセル
Dale Russell
ロイヤル・カレッジ・オブ・アート/インペリアル・カレッジ・ロンドン
イノベーション・デザイン・エンジニアリング・プログラム、教授

国際的に知られたイノベーションの実践者であり、未来思想家であり、研究者である。彼女のデザインとテクノロジーのイノベーションに焦点を置いた創造的な指導、学問の領域を越えた語り、戦略的な助言は、数々の米国優良企業に影響を与え、来るべき人間中心のデザイン文化を芽吹かせた。

彼女はRCAとICLが共同で提供するイノベーション・デザイン・エンジニアリングコースと、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン、ロンドン芸術大学の訪問教授を務めているだけでなく、Design Against Crime、Textile Futures Research Centre、Spatial Practices Research、ヘレンハムリン研究所、ブルネル大学デザイン・エンジニアリングスクールの研究アドバイザーでもある。

Speakers